一般定期借地権

借地権は大きく分けて、普通借地権と定期借地権があります。さらに定期借地権には3つの種類があります。ここでは定期借地権の種類について説明します。それぞれに内容は異なり、目的によって向き不向きがあります。土地を借りるという意味では同じですが、それぞれの特徴を考え目的に合わせた契約をする事が大切です。

一般定期借地権は、存続期間が50年以上となっており、かなり長期の契約になります。期間は長いですが、契約は更新も延長も不可となっており、契約期間満了を迎えた時に権利は消滅します。ただし50年以上という契約期間内は使用目的も限定されないため、マンションを建てる時に利用される事もあります。

契約期間が50年以上となっているため、地主は長期間にわたり地代が収入として入ります。借主にとっても契約期間が長く、用途も限定されないためメリットは多いですが、契約期間満了時借地人は、建物を壊し更地にして返還しなければならず、建物の解体費用も借地人が負担します。

土地を所有しているが、特に利用する予定も手放す予定もない、という場合は、一般定期借地権として土地を貸す事で、50年以上という長い間安定した収入が得られるのは大きなメリットです。ただし契約期間が長期に及ぶため、短期間だけ土地を有効活用したいという場合には不向きとなります。

一般定期借地権として契約した土地を、相続する場合には相続税を節約できます。さらに借地人が一般定期借地権で家を建てた場合、固定資産税も少し節約できます。貸す方も借りる方も両方メリットがあります。