建物譲渡特約付借地権

建物譲渡特約付借地権は、存続期間が30年以上と一般定期借地権よりは期間が短くなりますが、内容はほぼ同じで、更新はありません。最低でも30年間は地主には地代が入り、借地人は地代を払い続けます。地主は安定した収入が得られますが、契約満了後の扱いが一般定期借地権とは少し違います。

一般定期借地権では、契約満了時土地を更地にして返還しなければいけませんが、建物譲渡特約付借地権は、建物をそのままにして返還する事ができます。契約を終了させる条件に、地主は建物ごと買い戻すというのがあります。仮に借地人が借りた土地にマンションを建て30年の契約をしていた場合、築30年のマンションも一緒に買取る事になります。

この場合築30年ならまだ利用価値はありますが、使い物にならないほど荒れていたり、全くメンテナンスをしていなかったりという場合は、地主が建物を解体しなければいけません。ただしほとんどの場合は地主は建物ごと買い戻し、そのままマンションを貸し家賃収入を得て活用しています。

土地を所有しており、ある程度土地を有効活用したいが、一般定期借地権よりは短く、且つ安定した収入を得たいという時には、建物譲渡特約付借地権が向いています。